Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害者向け支援事業利用者の個人情報を紛失 - 国分寺市

東京都国分寺市は、障害者向けの移動支援事業を委託している事業者において、個人情報含む書類を紛失したことを明らかにした。

同市によれば、委託先であるけやきの杜ライフネットに登録している移動支援ヘルパーが、支援事業利用者の個人情報含む依頼書を鞄ごと紛失したもの。紛失した依頼書には、利用者10人の氏名や住所、性別、生年月日などが記載されていた。

2月22日夜に外出先で紛失したと見られ、翌23日朝に鞄が見当たらないことに気が付いたという。警察へ紛失を届けたが同月20日の時点でも発見されていない。同市と委託事業者では、対象となる利用者に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
顧客情報含む資料を検針員が紛失 - 中部電力