Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金NEMを補償、一部仮想通貨の出金なども再開 - コインチェック

コインチェックは、同社仮想通貨取引「Coincheck」において、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が不正に送金された問題で、顧客に対して補償を実施した。また同日より一部仮想通貨の出金と売却を再開している。

同社は、2度目となる業務改善命令を受けた3月8日に補償方針を明らかにし、翌週をめどに実施すると発表していたが、週明け3月12日に補償を実施した。

約26万人を対象に日本円で補償を実施する。1XEMあたり88.549円のレートで計算し、同社「Coincheckアカウント」の残高に補償金額を反映させる。

今回実施された補償に対し、課税対象になる可能性があるとの見方も出ているが、同社では当局と相談を進めており、取り扱いが判明次第発表する予定。

また同日より、安全を確認できたとして「ETH」「ETC」「XRP」「LTC」「BCH」について出金と売却を再開。また「BTC」についても出金を再開している。ただし、入金と購入は対象外となるほか、出金再開にともない、これまでの送金申請はすべてキャンセルとなるため、再度送金申請を行うよう求めている。

(Security NEXT - 2018/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
仮想通貨マイニングソフト狙うアクセスが増加 - アカウントリストを調査