Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で生徒の個人情報含む記録簿が所在不明 - 大阪府

大阪府立高校において、生徒の個人情報が記載された記録簿が所在不明になっていることがわかった。

同府によれば、1月16日に紛失していることが判明したもの。記録簿には、「社会入門」を履修している1年生114人および「社会と情報」を履修している1年生36人の氏名とクラス、出席番号、出欠状況などが記載されていた。

前日15日に教員が利用しているが、その後の所在がわからない状態で、職員室や教室などを捜索したが見つからず、学校へ報告した。同校では、対象となる生徒に説明と謝罪を行うとともに、保護者説明会でも説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2018/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
顧客情報記載の予約伝票を紛失 - タワーレコード
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
顧客情報含む資料を検針員が紛失 - 中部電力
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組