Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用

Adobe Flash Playerにゼロデイ脆弱性が見つかった問題で、同脆弱性は、2017年11月中旬ごろより北朝鮮の攻撃者によって悪用されていることがわかった。

今回の脆弱性「CVE-2018-4878」について2月1日に報告したHAURIのSimon Choi氏は、攻撃に北朝鮮関係者の関与を指摘。韓国の北朝鮮研究者へマルウェアを拡散するため、少なくとも2017年11月中旬ごろより悪用されているという。

攻撃ファイルは、1度しか利用できない復号キーによって最初にファイルを開いた端末でのみ感染するよう設計されており、コードが解析されないよう細工されていた。

今回の問題を受けて、韓国のKrCERTも注意喚起を実施している。すでに悪用が確認されているOfficeドキュメントをはじめ、Flashファイルを含むウェブサイトやメールの添付ファイルなどを誤って開くと悪用コードを実行されるおそれがあると指摘。

(Security NEXT - 2018/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算