Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン

イー・ガーディアンは、音声コンテンツを分析することで違法性がある動画を検知する新機能「TextVoice」を提供開始した。

同機能は、動画に含まれる音声をテキスト化してAIにより分析し、特定キーワードを検知するもの。動画や動画広告において著作権の侵害行為や薬機法違反などが発生していないか監視するなど、動画コンテンツの調査に活用できるとしている。

同社では、画像認識システムや画像内物体検知システムなどを提供しており、これら検知システムとの連携により、動画の監視強化を進めていく。

(Security NEXT - 2018/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応