Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン

イー・ガーディアンは、音声コンテンツを分析することで違法性がある動画を検知する新機能「TextVoice」を提供開始した。

同機能は、動画に含まれる音声をテキスト化してAIにより分析し、特定キーワードを検知するもの。動画や動画広告において著作権の侵害行為や薬機法違反などが発生していないか監視するなど、動画コンテンツの調査に活用できるとしている。

同社では、画像認識システムや画像内物体検知システムなどを提供しており、これら検知システムとの連携により、動画の監視強化を進めていく。

(Security NEXT - 2018/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始