Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定

三菱UFJニコスは、2017年12月に発生したNICOSカードのシステム障害について、原因や影響範囲などを明らかにした。

2017年12月26日にシステム障害が発生したもので、NICOSカード会員において、利用内容や利用枠が確認できなくなったほか、提携先へのデータ送信業務などに支障が生じた。カード発行業務にも遅延が発生したという。

キャッシングサービスやポイントサービスなどが影響を受けたが、クレジットカードによるショッピングには影響なかった。

また加盟店や提携先では、立替払い金における振り込みや、データ送信、収納事業者への入金データ提供などで一部遅延が発生。加盟店で扱っている他社発行のクレジットカード、デビットカードなどの利用内容が二重表示され、二重引き落としされたケースが一部で確認されているという。

同社は障害の原因について、取引内容を保管しているシステム機器が故障し、同社が作成、加工したデータの一部が破損したことによるものだったと説明。カード会員や加盟店に関するマスターデータに影響はないという。また、サイバー攻撃や情報流出の可能性も否定している。

同社では、システム機器の交換により復旧し、1月4日からおおむね正常に運用しているが、現在も時間を制限するなど慎重に対応を進めており、各業務における遅延の解消には時間を要するとしている。

(Security NEXT - 2018/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
「グループFaceTime」脆弱性も修正された「iOS 12.1.4」がリリース
2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - 日専連パシフィック
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
しょうが関連製品通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出