Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定

三菱UFJニコスは、2017年12月に発生したNICOSカードのシステム障害について、原因や影響範囲などを明らかにした。

2017年12月26日にシステム障害が発生したもので、NICOSカード会員において、利用内容や利用枠が確認できなくなったほか、提携先へのデータ送信業務などに支障が生じた。カード発行業務にも遅延が発生したという。

キャッシングサービスやポイントサービスなどが影響を受けたが、クレジットカードによるショッピングには影響なかった。

また加盟店や提携先では、立替払い金における振り込みや、データ送信、収納事業者への入金データ提供などで一部遅延が発生。加盟店で扱っている他社発行のクレジットカード、デビットカードなどの利用内容が二重表示され、二重引き落としされたケースが一部で確認されているという。

同社は障害の原因について、取引内容を保管しているシステム機器が故障し、同社が作成、加工したデータの一部が破損したことによるものだったと説明。カード会員や加盟店に関するマスターデータに影響はないという。また、サイバー攻撃や情報流出の可能性も否定している。

同社では、システム機器の交換により復旧し、1月4日からおおむね正常に運用しているが、現在も時間を制限するなど慎重に対応を進めており、各業務における遅延の解消には時間を要するとしている。

(Security NEXT - 2018/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発