Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市

大阪市は、障害福祉サービスの給付内容通知書を、誤って別のサービス利用者へ送付していたことを明らかにした。

同市によれば、2017年12月25日に発送した障害福祉サービスの給付内容通知書1万8765件のうち、最大1000件の通知書で誤送付が発生したという。通知書には、受給者の氏名や受給者番号、給付内容などが記載されている。

同月27日、通知書の受領者から通知内容が利用実績と異なるとの指摘があり、確認を行ったところ、誤送付が判明した。同市では、対象者に謝罪し、誤った給付内容通知書を回収したうえで、正しい通知書を送付するとしている。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信