Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市

大阪市は、障害福祉サービスの給付内容通知書を、誤って別のサービス利用者へ送付していたことを明らかにした。

同市によれば、2017年12月25日に発送した障害福祉サービスの給付内容通知書1万8765件のうち、最大1000件の通知書で誤送付が発生したという。通知書には、受給者の氏名や受給者番号、給付内容などが記載されている。

同月27日、通知書の受領者から通知内容が利用実績と異なるとの指摘があり、確認を行ったところ、誤送付が判明した。同市では、対象者に謝罪し、誤った給付内容通知書を回収したうえで、正しい通知書を送付するとしている。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
市運営施設の指定管理者がメール誤送信 - 大阪市
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
食品安全イベントの案内メールで誤送信 - 富山県
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市