Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市

大阪市は、障害福祉サービスの給付内容通知書を、誤って別のサービス利用者へ送付していたことを明らかにした。

同市によれば、2017年12月25日に発送した障害福祉サービスの給付内容通知書1万8765件のうち、最大1000件の通知書で誤送付が発生したという。通知書には、受給者の氏名や受給者番号、給付内容などが記載されている。

同月27日、通知書の受領者から通知内容が利用実績と異なるとの指摘があり、確認を行ったところ、誤送付が判明した。同市では、対象者に謝罪し、誤った給付内容通知書を回収したうえで、正しい通知書を送付するとしている。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ