Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開

日本レジストリサービス(JPRS)は、書籍「インターネットのひみつ(新版)」を学研プラスと共同で全国の小学校約2万校および約3100の公立図書館へ寄贈する。

20171227_jp_001.jpg
インターネットのひみつ

同書は、学研プラスが刊行する小学生向け学習教材シリーズ。マンガを通じて、IPアドレスやドメイン、DNS、パケット通信といったインターネットの技術、インターネットを支える団体や組織について説明している。

JPRSでは啓発活動の一環として製作へ協力するとともに、学研プラスと共同で学校や図書館へ同書を寄贈した。

同書は非売品のため、書店で購入することはできないが、学研キッズネット内の「まんがひみつ文庫」や「電子書籍モールBeyond Publishing」にて無料で公開されている。

「学研まんがでよくわかるシリーズ」に関しては、これまでも情報処理推進機構(IPA)がサイバーセキュリティをテーマとした「サイバーセキュリティのひみつ」を刊行し、全国の小学校の図書室や図書館に提供している。

(Security NEXT - 2017/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
IPA、IoT機器の「高信頼化」に向けた開発手引書を書籍化 - 無償のPDF版も