Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、重要インフラにおけるサービス障害への対応能力について向上を図るため、12月13日に「分野横断的演習」を実施する。

同演習は、2006年度から毎年実施しており、今回で12回目。最新のシナリオに基づき、サービス障害が発生した際の情報連携などについて訓練する。

今回は、NISCをはじめ、重要インフラを所管する府省庁のほか、通信、金融、交通、エネルギー、水道、医療など、重要インフラ13分野の事業者から、あわせて約2600人が参加する予定。

(Security NEXT - 2017/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か