Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、重要インフラにおけるサービス障害への対応能力について向上を図るため、12月13日に「分野横断的演習」を実施する。

同演習は、2006年度から毎年実施しており、今回で12回目。最新のシナリオに基づき、サービス障害が発生した際の情報連携などについて訓練する。

今回は、NISCをはじめ、重要インフラを所管する府省庁のほか、通信、金融、交通、エネルギー、水道、医療など、重要インフラ13分野の事業者から、あわせて約2600人が参加する予定。

(Security NEXT - 2017/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
実践サイバー演習「CYDER」が追加開催 - NICT
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
Wind Riverが提供するRTOSに複数の脆弱性
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ