Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、重要インフラにおけるサービス障害への対応能力について向上を図るため、12月13日に「分野横断的演習」を実施する。

同演習は、2006年度から毎年実施しており、今回で12回目。最新のシナリオに基づき、サービス障害が発生した際の情報連携などについて訓練する。

今回は、NISCをはじめ、重要インフラを所管する府省庁のほか、通信、金融、交通、エネルギー、水道、医療など、重要インフラ13分野の事業者から、あわせて約2600人が参加する予定。

(Security NEXT - 2017/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
サイバーセキュリティ基本法の改正案を閣議決定 - 官民情報共有組織の創設へ
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に