Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大

情報セキュリティ大学院大学は、国内において情報セキュリティ分野に貢献した人物を表彰する「情報セキュリティ文化賞」の候補者募集を開始した。応募締切は12月26日。

同賞は、同大の開学時に制定されたもので、今回で14回目。候補者は、自治体や企業などで情報セキュリティに関し、経営的な視点から先導的な役割を果たした個人、または同分野で学術や法制度の研究、啓発、人材育成などに貢献した有識者などで、自薦、他薦を問わず受け付ける。

これまで71人が受賞しており、今回は5人を選出する予定。同賞の詳細については同大のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Trend Micro CTF 2017、エジプトチームが優勝
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者6名を発表
安心安全なネット利用に役立つ手記コンクール - 受賞作品を発表
ラックの次期代表取締役社長に西本逸郎氏