Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を

Appleが提供するMac向けOS「macOS High Sierra」において認証を回避し、rootユーザーのアクセス権限を誰でも容易に奪取できる問題が明らかとなった。セキュリティ機関では対策を呼びかけている。

同OSにおいて設定が「ルートユーザを無効にする」となっている場合、パスワードを入力することなく、簡単な操作でrootユーザーの権限でアクセスが可能となる問題が明らかとなったもの。

Appleでは、セキュリティ上の問題からデフォルトではrootユーザーを有効化しておらず、無効化のまま「sudoコマンド」を利用するよう推奨していることから、多くのユーザーが影響を受けるおそれがある。

脆弱性についてAppleからアナウンスは行われておらず、影響の範囲などは不明。「同10.13」以降に影響があると見られており、注意喚起を行ったJPCERTコーディネーションセンターでは、「同10.13.1」で実際に挙動を確認した。また同センターでは「macOS Sierra 10.12.6」では悪用できないことをあわせて確認したという。

Appleでは、今回の問題について言及していないものの「root」の有効化やパスワードの設定方法を紹介するページを公開。一時的な回避策としては、rootユーザーを有効化し、パスワードを設定することで悪用を防げるとして、セキュリティ機関では、ユーザーへ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
セキュリティ質問の再設定に見せかけて情報詐取 - 偽Appleに注意
修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス
物件所有者や入居者など顧客情報含む契約書類が所在不明に - 大和リビング
約147万のJPドメイン、「SPF」設定は半数弱 - 「DMARC」は約0.5%
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応