Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県

三重県は、家計調査員が調査対象世帯の個人情報が記載された名簿を紛失したことを明らかにした。

同県によれば、家計調査員が作成中の「一般単位区世帯名簿」1枚を紛失したもの。紛失した名簿には、市販の住宅地図から転記した調査対象世帯19世帯分の姓と住所のほか、世帯主の氏名、住所、世帯主の職業など1世帯が記載されていた。

11月6日に調査対象地区の1世帯と面談して聞き取り調査を行い、世帯主の氏名や職業を名簿に記載。その後、16日に紛失が判明した。自宅や調査区を捜索したが見つからず、同県へ報告。同県では職員を派遣して捜索したが発見できず、警察へ紛失を届けた。

同県では、調査内容が記載された1世帯に対し、説明と謝罪を行った。また、紛失した名簿を悪用して調査員をかたるケースも想定されるとして、自治会に対し注意喚起を依頼するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス
顧客情報記載の書類を搬送中に紛失 - 常陽クレジット
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
高校で生徒の個人情報含む記録簿が所在不明 - 大阪府
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大
従業員が顧客情報記載の書類を紛失 - SGローソン
園児の個人情報含む災害時用衣服を紛失 - 港区