Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン

イー・ガーディアンは、製品の広告宣伝などを行う「インフルエンサー」によるインターネット投稿の監視や、風評調査などを行うサービス「インフルエンサーパトロール」を提供開始した。

同サービスは、「YouTuber」をはじめ、情報発信力があり、製品の広告宣伝を請け負ういわゆる「インフルエンサー」の投稿を監視するサービス。

企業に所属するインフルエンサーについて、「Twitter」や「Instagram」などのSNSや、配信された動画を定期的にチェックするなど広告審査を代行するほか、審査基準の選定、レポーティングなどを提供。

さらに登録インフルエンサーが他者コンテンツの不正利用など、いわゆる「パクリ行為」による風評調査や、反社会性のチェックなどにも対応するという。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス