Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加

PFUは、不正に接続された端末を検知、遮断するアプライアンス「iNetSec SF」に、マルウェア検知機能や脆弱性検査機能などを追加した。

同製品は、不正に接続された端末を検知し、ネットワークから遮断するアプライアンス。今回、追加機能のライセンスを提供開始した。あわせて連携製品の拡充を行っている。

「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」では、マルウェア感染端末を遮断。「Windows」のパッチ適用状況を検査する「脆弱性検査セグメントライセンス」や、業務利用が禁止されているアプリケーションの利用を検知する「アプリケーション監視セグメントライセンス」を用意した。

iNetSec SF本体の価格は、マネージャーが24万円、センサーが18万円。「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」は5万2000円/年から。「脆弱性検査セグメントライセンス」は年額6万円/年から。アプリケーション監視セグメントライセンスは年額9000円/年から。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能