Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加

PFUは、不正に接続された端末を検知、遮断するアプライアンス「iNetSec SF」に、マルウェア検知機能や脆弱性検査機能などを追加した。

同製品は、不正に接続された端末を検知し、ネットワークから遮断するアプライアンス。今回、追加機能のライセンスを提供開始した。あわせて連携製品の拡充を行っている。

「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」では、マルウェア感染端末を遮断。「Windows」のパッチ適用状況を検査する「脆弱性検査セグメントライセンス」や、業務利用が禁止されているアプリケーションの利用を検知する「アプリケーション監視セグメントライセンス」を用意した。

iNetSec SF本体の価格は、マネージャーが24万円、センサーが18万円。「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」は5万2000円/年から。「脆弱性検査セグメントライセンス」は年額6万円/年から。アプリケーション監視セグメントライセンスは年額9000円/年から。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED