Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加

PFUは、不正に接続された端末を検知、遮断するアプライアンス「iNetSec SF」に、マルウェア検知機能や脆弱性検査機能などを追加した。

同製品は、不正に接続された端末を検知し、ネットワークから遮断するアプライアンス。今回、追加機能のライセンスを提供開始した。あわせて連携製品の拡充を行っている。

「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」では、マルウェア感染端末を遮断。「Windows」のパッチ適用状況を検査する「脆弱性検査セグメントライセンス」や、業務利用が禁止されているアプリケーションの利用を検知する「アプリケーション監視セグメントライセンス」を用意した。

iNetSec SF本体の価格は、マネージャーが24万円、センサーが18万円。「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」は5万2000円/年から。「脆弱性検査セグメントライセンス」は年額6万円/年から。アプリケーション監視セグメントライセンスは年額9000円/年から。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム