Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あいおいニッセイ同和、「サイバー保険室」新設 - 開発や引受体制を強化

あいおいニッセイ同和損害保険は、サイバーリスク関連保険の商品開発や保険引受体制を強化する。

同社では、商品開発ラインと商品引受ラインで構成される「サイバー保険室」を新設。新商品開発や引き受けの体制を強化するとともに、関連情報の発信などを一元化する。

多様化するサイバーリスクへの対応や、企業ごとのニーズ、セキュリティ対策の実態を踏まえたオーダーメイド型のサイバー関連保険の引受を強化したい考え。また商品付帯型保険にも注力を図る。

(Security NEXT - 2017/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー