Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市

神奈川県平塚市は、保存期間中の行政文書を誤って廃棄していたことを明らかにした。

同市によれば、保管期限を迎えておらず、本来保管する必要がある行政文書を誤って廃棄していたことが判明したという。個人情報の流出については否定している。

住民異動届などの申請関係文書や調査関係文書、経理関係文書、庶務関係文書など、あわせて455件にのぼる。同市では、廃棄された文書の内容について確認を進めている。

9月19日に文書の紛失が判明。調査を行ったところ、委託事業者におけるデータ管理や同市が提供した保存期限の誤りなどが重なり、4月20日に同市職員立ち会いのもと、廃棄処理を行っていたことがわかったという。

(Security NEXT - 2017/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
福祉サービス利用者の個人情報を誤廃棄 - 観音寺市
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし