Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も

マカフィーは、インターネットの検索結果でリスクが高い有名人のランキングを取りまとめた。新曲などの無料音源で誘導しようとするケースが目立つ。

同調査は、不正サイトへの誘導で利用されることの多いキーワードを、有名人の名前と組みあわせて検索した際、検索結果にどの程度の危険が潜むか調べているもの。2017年で11回目となる。

「Torrent」「Free mp4」「Free mp3」といったキーワードをもとに調査を行っていることもあり、ミュージシャンが上位を占めた。

今回の調査で検索結果がもっとも「危険」だったのは、人気女性ミュージシャンのアヴリルラヴィーンさん。同調査で女性ミュージシャンがトップとなるのは、今回がはじめてだという。

検索結果において、マルウェアやフィッシング、スパムなどの脅威が潜むサイトに誘導するケースが14.5%以上にのぼった。特に「Free mp3」と組み合わせると、検索結果の22%が危険なサイトへの誘導だったという。

(Security NEXT - 2017/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
ネット検索で狙われるミュージシャン - 「無料DL」などで誘惑
ネット検索で危険なセレブ、人気深夜番組の司会者がトップ - ミュージシャンも標的に
ネット検索で最も危険な有名人はCity of Boneのリリーコリンズ
ネット検索でもっとも危険な有名人はハリポタ女優 - 1割超が脅威サイト
検索結果が危険な有名人1位は「ハイディクルム」 - ランキング常連のブラピは圏外へ
「キャメロンディアス」の検索結果、1割が危険 - 出演映画ヒットで急上昇
改ざんサイトの企業割合が17ポイント減少 - セキュアブレインレポート
2009年は不正サイトが7.6ポイント増、1日あたり2465件を検知 - 悪質ドメインの8割は改ざんサイト