Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市

大阪府富田林市は、ほかの職員になりすまして市役所のサーバに不正アクセスし、人事情報などを閲覧した職員2人に対し、懲戒処分を実施した。

同市によれば、子育て福祉部こども未来室の副主任と、総合事務室課長代理の2人が、ほかの職員のアカウントを使って市役所のサーバに不正アクセスし、人事情報を閲覧していた。

同問題を受け、同市では9月7日付けで懲戒処分を実施。副主任を停職12カ月、課長代理を停職6カ月とした。課長代理は同日付けで依願退職した。

今回の問題を受けて同市では、パソコンのログインパスワードを複雑なものに変更。定期的にパスワードを強制変更させる対策を取るという。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生
子会社従業員のなりすましメールに注意喚起 - 読売テレビ
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace