Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市

大阪府富田林市は、ほかの職員になりすまして市役所のサーバに不正アクセスし、人事情報などを閲覧した職員2人に対し、懲戒処分を実施した。

同市によれば、子育て福祉部こども未来室の副主任と、総合事務室課長代理の2人が、ほかの職員のアカウントを使って市役所のサーバに不正アクセスし、人事情報を閲覧していた。

同問題を受け、同市では9月7日付けで懲戒処分を実施。副主任を停職12カ月、課長代理を停職6カ月とした。課長代理は同日付けで依願退職した。

今回の問題を受けて同市では、パソコンのログインパスワードを複雑なものに変更。定期的にパスワードを強制変更させる対策を取るという。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトへPWリスト攻撃、遮断直後に発信国変更して継続
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
PWリスト攻撃によるログイン試行を検知 - ディノス・セシール
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害