Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市

大阪府富田林市は、ほかの職員になりすまして市役所のサーバに不正アクセスし、人事情報などを閲覧した職員2人に対し、懲戒処分を実施した。

同市によれば、子育て福祉部こども未来室の副主任と、総合事務室課長代理の2人が、ほかの職員のアカウントを使って市役所のサーバに不正アクセスし、人事情報を閲覧していた。

同問題を受け、同市では9月7日付けで懲戒処分を実施。副主任を停職12カ月、課長代理を停職6カ月とした。課長代理は同日付けで依願退職した。

今回の問題を受けて同市では、パソコンのログインパスワードを複雑なものに変更。定期的にパスワードを強制変更させる対策を取るという。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市