Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決

インターネットオークションでCADソフトの海賊版を販売したとして、秋田地方裁判所は著作権法および商標法違反で被告に有罪判決を言い渡した。

真贋の鑑定など捜査協力を行っていたBSA|The Software Allianceによれば、被告は2016年1月25日から同年8月30日にかけて、オートデスクの「Auto CAD 2017体験版」「Auto CAD LT 2016体験版」などをDVDに複製。1枚あたり4600円でオークションに出品、販売していた。

また被告は、オートデスクの商標に類似する広告を使用、不特定多数に閲覧させていた。これらの行為が著作権法違反と商標法違反にあたるとして、秋田地裁は懲役1年6月執行猶予3年、罰金100万円の有罪判決を言い渡している。

(Security NEXT - 2017/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用