Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」が再アップデート - 不具合や脆弱性への対策で

Adobe Systemsは、不具合やホットフィクスで一時修正前に戻した脆弱性を解消するため、「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデートを公開した。

同社が8月8日に公開したアップデートで生じた「XFAフォーム」における不具合や、ホットフィクスで修正前に戻した脆弱性を解消するアップデートをあらためて用意し、リリースしたもの。

8月8日のアップデートリリース後、一部ユーザーにおいて機能的な不具合が再発。同社では同不具合へ対処するため、同アップデートで修正した「CVE-2017-11223」に対し、一時的に修正前へ戻すことができる「Hotfix for 2017.012.20093」「Hotfix for 2017.011.30059」「「Hotfix for 2015.006.30352」を8月11日に公開していた。

これら問題を解決した最新のアップデートは、「同DC」の「Continuous(連続トラック)」向けとなる「同2017.012.20098」、「Classic(クラシックトラック)」向けの「同2015.006.30355」、「同2017」向けの「同2017.011.30066」となる。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性
Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートをリリース
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を