Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自

三菱自動車工業が開催したアウトドアイベントにおいて、参加者を撮影した写真データを含む記録メディアの所在がわからなくなっている。

同社によれば、運営委託会社で写真撮影を担当していたスタッフが、7月29日の撮影後に記録メディアの入ったケースをイベント会場内で紛失したという。

記録メディアには、イベントに参加した90組の記念写真が保存されており、参加者の顔や代表者のカタカナ表記の氏名、車のナンバープレートなどが含まれる。またイベントの参加風景を撮影した画像も記録されていた。

同社では問い合わせ窓口を設置し、紛失した写真データがインターネット上に掲載されていないか監視するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市