Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコムの「MaLion」に認証不備やSQLiなど複数の脆弱性

インターコムが提供する「MaLion」のエージェントやサーバに、複数の脆弱性が含まれていることが判明した。アップデートがリリースされている。

同製品は、資産管理機能やアクセス制御機能などを提供するソリューション。影響を受ける脆弱性は、バージョンによって異なるが、エージェントにおいて認証不備の脆弱性「CVE-2017-10815」やSSLサーバ証明書の検証を行わない「CVE-2017-10819」などが判明した。

また暗号化鍵がハードコードされている「CVE-2017-10818」のほか、中継サーバに関しても、「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2017-10816」や認証不備の脆弱性「CVE-2017-10817」が存在することが明らかになったという。

同脆弱性は、リクルートテクノロジーズの西村宗晃氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施した。

インターコムでは最新版となる「同5.2.2」を提供しており、同社やセキュリティ機関ではアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性
脆弱性を解消した「Firefox for iOS 27」がリリース
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
「Apache Spark」に脆弱性、アップデートがリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.116」をリリース - 脆弱性を修正