Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県

新潟県は、同県庁舎内のシステムに不正アクセスを行ったなどとして、職員を懲戒免職処分にした。

同県によれば、同職員は他職員のメールを閲覧するため、IDとパスワード不正に入手。2015年5月19日から2016年3月16日にかけて、18回にわたり庁内のネットワークシステムへ不正アクセスを行っていたという。

同職員はそのほか、酒気帯び運転やマンションへの侵入などを行っており、道路交通法と不正アクセス禁止法違反の罪で罰金60万円の略式命令を受けている。

同県ではこれらの行為を受け、法令違反や職務命令違反、信用失墜などを理由に同職員に対し7月28日付けで懲戒免職処分とした。

(Security NEXT - 2017/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市