Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業

NTTアドバンステクノロジとディアイティは、サイバーセキュリティ分野で協業した。

今回の協業を通じ、ditによる支援のもと、NTT-ATでは顧客環境のセキュリティへワンストップで対応するセキュリティプラットフォームを提供する。

具体的には、SOCやCSIRTの関連サービスをはじめ、担当者向けに脅威や脆弱性情報のポータルサイトやセキュリティ講座を提供。顧客を支援する会員制サービスを展開する。

またネットワークやエンドポイントセキュリティの監視サービスや、マルウェア感染の有無、影響範囲などを調査するリモートフォレンジックサービスを提供。今回の協業により、今後3年間で30億円の売上を目指すという。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
NRIセキュア、セキュリティのお悩み支援サービス - 過去事例など情報提供
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開