Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業

NTTアドバンステクノロジとディアイティは、サイバーセキュリティ分野で協業した。

今回の協業を通じ、ditによる支援のもと、NTT-ATでは顧客環境のセキュリティへワンストップで対応するセキュリティプラットフォームを提供する。

具体的には、SOCやCSIRTの関連サービスをはじめ、担当者向けに脅威や脆弱性情報のポータルサイトやセキュリティ講座を提供。顧客を支援する会員制サービスを展開する。

またネットワークやエンドポイントセキュリティの監視サービスや、マルウェア感染の有無、影響範囲などを調査するリモートフォレンジックサービスを提供。今回の協業により、今後3年間で30億円の売上を目指すという。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
マクニカ、S&Jのインシデント対応サービスを提供開始
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応
日本IBM、SIEM製品のパートナーを拡充
NEC、サイバー攻撃の初動対応とフォレンジック解析を提供 - 解析費用は保険でカバー