Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業

NTTアドバンステクノロジとディアイティは、サイバーセキュリティ分野で協業した。

今回の協業を通じ、ditによる支援のもと、NTT-ATでは顧客環境のセキュリティへワンストップで対応するセキュリティプラットフォームを提供する。

具体的には、SOCやCSIRTの関連サービスをはじめ、担当者向けに脅威や脆弱性情報のポータルサイトやセキュリティ講座を提供。顧客を支援する会員制サービスを展開する。

またネットワークやエンドポイントセキュリティの監視サービスや、マルウェア感染の有無、影響範囲などを調査するリモートフォレンジックサービスを提供。今回の協業により、今後3年間で30億円の売上を目指すという。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRTのワークフロー管理を支援するクラウドアプリ - NANAROQ
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供
IBM、インシデント対応に向けた事前事後対策サービスを拡充
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
カスペ、中小企業向けにエンドポイント製品の導入支援サービス
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入