Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業

NTTアドバンステクノロジとディアイティは、サイバーセキュリティ分野で協業した。

今回の協業を通じ、ditによる支援のもと、NTT-ATでは顧客環境のセキュリティへワンストップで対応するセキュリティプラットフォームを提供する。

具体的には、SOCやCSIRTの関連サービスをはじめ、担当者向けに脅威や脆弱性情報のポータルサイトやセキュリティ講座を提供。顧客を支援する会員制サービスを展開する。

またネットワークやエンドポイントセキュリティの監視サービスや、マルウェア感染の有無、影響範囲などを調査するリモートフォレンジックサービスを提供。今回の協業により、今後3年間で30億円の売上を目指すという。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供