Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - 「Struts 1 Plugin」利用時に影響

ウェブアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の特定条件下で、リモートより攻撃が可能となるあらたな脆弱性が明らかとなった。

20170709_as_001.jpg

「同2.3」において「Struts 1 Plugin」を利用している場合に影響を受ける脆弱性「CVE-2017-9791」があらたに判明したもの。

開発チームは、セキュリティアドバイザリ「S2-048」を公開。脆弱性の重要度を「高(high)」とレーティングしている。

同プラグインは、「Struts 1 Action」を「Apache Struts 2」の環境下で利用するために提供されているが、入力値のチェックに問題があり、リモートよりコードを実行されるおそれがあるという。すでに実証コード(PoC)がインターネット上に公開されている。

7月8日の時点で修正版は提供されておらず、開発チームでは対策として、「ActionMessage」クラスに対してメッセージを渡す際、値を直接渡すのではなく、リソースキーを用いるよう求めている。

(Security NEXT - 2017/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ