Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「675」から始まる着信履歴に注意 - 折返電話で高額料金のおそれ

携帯電話に残された「675」からはじまる見知らぬ着信番号に注意が必要だ。折り返し先は海外であり、うっかりダイアルすると高額な通話料金を請求されるおそれがある。

20170705_sb_001.jpg
パプアニューギニアからの着信履歴(画像:ソフトバンク)

携帯電話にパプアニューギニアを発信元とした「675」からはじまる国際電話の着信が相次いでいるもの。

もっとも高額となるソフトバンクの場合、30秒あたり249円の通話料が発生するおそれがある。携帯電話各社は、心当たりのない着信番号に対して、折り返し電話をかけないよう、ウェブサイトなどで注意喚起を行っている。

こうした不審電話は、通話の着信側に利益が発生する通話サービスを悪用していると見られる。今回のケース以外にも、海外へ国際電話を発信させる詐欺行為はこれまでも確認されている。

(Security NEXT - 2017/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年3月に「RHEL4/5」や「CentOS 5」がサポートを終了
「Asterisk」管理ツールの脆弱性に注意 - 探索ツール出回る
PBX「Asterisk」の管理画面を狙う辞書攻撃 - 管理者は注意を
不具合存在するも「被害との因果関係は検証不能」 - IP電話高額請求問題
IP電話のセキュリティ状況を確認するセルフチェックサービス
IP電話の高額請求トラブル、保守管理甘い一部製品に被害集中か
IP電話で経費節減のはずが高額請求 - あらためて安全チェックを
NTTコム、企業向け「Web電話帳」にセキュリティ機能
トランスコスモス、緊急時に最短1日で対応窓口が設置できるサービス
IP-PBXへの不正アクセスに注意 - 身に覚えのない国際電話料金が発生するおそれ