Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも

ヴィレッジヴァンガードオンラインショップは、ITプロジェクトのコンペをテーマとしたエンジニア向けカードゲーム「Fat Project」を発売した。

20170629_vv_001.jpg
Fat Project

同ゲームは、点数の範囲内でもっとも多くのカードを保有したプレイヤーが勝利となるブラックジャック風のカードゲーム。遊戯部すずき組が開発し、2016年にゲームマーケット2016秋で販売、完売となったが今回同ショップで再発となった。

ゲームプレイヤーは、コンペに参加したIT企業のマネージャーになり、他プレイヤーの動向やリスクをふまえつつ、クライアントの要望に応えてプロジェクトの受注を目指す。

「クラウド活用」には「1」、「IoT」には「2」、「AI」には「4」など、要件ごとに点数が割り振られており、最終的に要件が多いほどクライアントにとって魅力的なプロジェクトとなり、コンペに勝利できる。ただし、合計点数が17点以上になると開発規模を上回り、デスマーチが確定、負けとなる。

特殊効果を持った「致命的な脆弱性」のほか、「サポート切れ(EoL)」といったカードも用意。ゲームのルールブックは、遊戯部すずき組のページよりPDFで参照できる。

(Security NEXT - 2017/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
カードゲーム大会の参加者情報含むUSBメモリが所在不明 - タカラトミー
カードゲーム「ジーククローネ」でメール誤送信が発生 - グリー
トレーディングカードゲームの複数公式サイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ
キャンペーンの当選メールを誤送信、アドレスが流出 - オンラインゲーム会社