Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に

トレーディングカードゲーム「戦国大戦TCG」の英語版アンケートにおいて、個人情報含む回答内容が、外部より一時閲覧可能だったことがわかった。

同ゲームを提供するセガホールディングスによれば、2018年7月から8月にかけて実施した英語版のアンケートの回答データ61件が、外部より一時閲覧できる状態となっていたもの。顧客からの指摘で判明した。

11月15日から同月21日にかけて閲覧可能だったと見られ、アンケート回答者の氏名とメールアドレスを含む回答内容が含まれる。

設定ミスが原因で、他社製ツールを利用していたため、アクセスログは残っておらず、データに対するアクセス状況は確認できないという。

同社は対象となるデータを削除。利用者に対して個別に事情を説明、謝罪し、スパムなどに注意するよう呼びかけている。また再発防止に向け、管理体制の強化や社内教育などを実施していく。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドの誤設定で顧客情報がアクセス可能に - 衣料品メーカー
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学年全体のテスト結果を生徒がアプリ上から閲覧可能に - 大阪市
公開表計算ファイルから個人情報が閲覧可能に - 立命館APU
保健指導関連の個人情報がノーウェアランサム被害 - 千葉市
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
農業委員会の調査フォームに不備、個人情報が流出 - 大阪府
最大888社のPマーク審査関連資料が流出した可能性 - 複数ランサムの痕跡も