Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工学院大、企業の実務者からセキュリティマネジメントが学べる講座を開講

工学院大学は、寄付講座「セキュリティ監査」を日本セキュリティ監査協会(JASA)と共同で開発し、9月より開講する。

同講座は、情報セキュリティマネジメントと情報セキュリティ監査における人材育成を目的としたもの。実務知識の習得を目指し、NTTグループ、日本マイクロソフト、PwCあらた、ディアイティなどの組織で主席研究員や事業部長などを務める専門家8人による計14回の講義を予定している。

講座では、実際のセキュリティ対策事例を学ぶことで社会経験を疑似体験し、情報セキュリティマネジメントと情報セキュリティ監査の実務知識が修得できるとし、卒業直後から実務を担当できる人材を育成したいとしている。

事例の提供にあたっては、富士通や日立製作所、アマゾンデータサービスジャパンなどをはじめ、11社が協力する予定。

(Security NEXT - 2017/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
デロイトトーマツと日大、クライシスマネジメント分野で連携 - 政策提言なども視野に
東大が「ライフスタイル認証」の実証実験 - 人気アプリと連携、被験者5万人規模
政府、オンラインのセキュリティ講座で職員を研修
DTRSとSiSOC、人材育成プログラムをスタート
東京電機大の次期学長に安田浩氏
「セキュリティ・ミニキャンプ」が北海道で12月に開催
セキュリティ対策推進協議会が一般社団法人化
東大、技術偏重ではなく文理融合のアプローチからセキュリティを研究
「セキュキャン九州」が福岡で開催 - 3日間の合宿講座も