Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソと早稲田大、セキュリティ分野で学術交流協定

日立ソリューションズと早稲田大学データ科学総合研究教育センターは、セキュリティおよびデータサイエンス分野の人材育成などを目的とした学術交流協定を締結した。

両者は2019年6月よりセキュリティ分野で連携しており、日立ソリューションズの従業員が講師となり、企業が直面するセキュリティの課題やその対策について演習形式で学ぶ講座「情報セキュリティの現場論」を正規科目として開講している。

今回の学術交流協定を締結したことで、引き続き同講座を2020年6月より提供していく。また、社会人が専門知識を取得するための学び直すリカレント教育においても、データサイエンス分野の教育プログラムの開発、運用に協力する。

さらに日立ソリューションズは、早稲田大学の幅広い専門分野の教員や研究者との交流を図り、最先端のセキュリティの研究に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会