Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソと早稲田大、セキュリティ分野で学術交流協定

日立ソリューションズと早稲田大学データ科学総合研究教育センターは、セキュリティおよびデータサイエンス分野の人材育成などを目的とした学術交流協定を締結した。

両者は2019年6月よりセキュリティ分野で連携しており、日立ソリューションズの従業員が講師となり、企業が直面するセキュリティの課題やその対策について演習形式で学ぶ講座「情報セキュリティの現場論」を正規科目として開講している。

今回の学術交流協定を締結したことで、引き続き同講座を2020年6月より提供していく。また、社会人が専門知識を取得するための学び直すリカレント教育においても、データサイエンス分野の教育プログラムの開発、運用に協力する。

さらに日立ソリューションズは、早稲田大学の幅広い専門分野の教員や研究者との交流を図り、最先端のセキュリティの研究に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能