Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯契約時の代理人本人確認に不備 - ソフトバンクに是正命令

総務省は、代理人が携帯電話を契約した際、携帯電話不正利用防止法に定められた方法で本人確認を行わなかったとして、ソフトバンクに対し、是正を命じた。

同省によれば、ソフトバンクの一部店舗において、2014年9月から同年11月までの間、35件の契約で代理人の本人確認を怠ったという。同省では27日付けで、同社に対し違反の是正を命じた。

振り込め詐欺など携帯電話の不正利用を防止するため、同法では、携帯電話の新規契約や名義変更の際に本人確認を行うことを義務付けており、代理人による契約の場合は代理人についても本人確認が必要となる。

(Security NEXT - 2017/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
顔認証による空港搭乗手続きで個人データ取扱ガイド - 国交省
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%
偽「My SoftBank」に注意 - 「2020年より手続き必要」とだます手口
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀