Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス

富士通エフ・アイ・ピーは、「PCI DSS」の準拠を支援する「FUJITSU セキュリティソリューション PCI DSSクラウドサービス」を発表した。2018年1月より提供する予定。

同サービスは、クレジットカード情報の国際的なセキュリティ基準である「PCI DSS」の準拠に必要なセキュリティ機能を、クラウドサービスとして提供するもの。

現状分析、実装、運用などワンストップで支援する「PCI DSS準拠支援サービス」をすでに提供しており、これにクラウドサービスをラインナップとして追加。マルウェア対策やアクセス制御、ログ管理、脆弱性検査など、準拠に必要な機能をクラウドで提供する。

料金は月額162万円から。別途、初期導入費用が必要。同社では、5年間で200社の販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クレカ取引の「セキュリティ実行計画2018」が策定 - 改正割販法の要件に
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
日本クレジット協会、「PCI DSS」準拠のための実施要領を公開
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
PCI SSC、クレカのセキュリティ基準「PCI DSS」日本語版を公開
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
クレカ取引のセキュリティ対策強化、「実行計画2017」が策定
システムの可視化や脆弱性をスキャンする「F-Secure Radar」
「PCI P2PE」の準拠支援サービスを提供 - NRIセキュア
DNP、「PCI DSS」への準拠を支援するコンサルサービス