Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」に複数の脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

開発チームによれば、同システムの「PECL YAMLパーサー」において、PHPオブジェクトの処理に脆弱性「CVE-2017-6920」が存在するという。同脆弱性を悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがあり、重要度は5段階中2番目にあたる「クリティカル(Critical)」にレーティングされている。

同脆弱性より重要度は低いものの、第三者によりファイルをアップロードされ、ファイルの配布などに悪用されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-6922」や、「RESTfulウェブサービスモジュール」利用時に影響を受ける「CVE-2017-6921」など、あわせて3件の脆弱性が判明した。

開発チームでは、脆弱性を解消したアップデート「同8.3.4」および「同7.56」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Drupal」に乗っ取りが可能となる深刻な脆弱性、更新がリリース - 100万サイト以上に影響か
セキュリティリリース「Joomla 3.8.6」が公開 - 「SQLi」を解消
「Drupal」がアップデートをリリース - XSS対策が不完全な脆弱性など修正
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
「Joomla!」にセキュリティアップデート - SQLiやXSSの脆弱性を修正
「WordPress」向けRetina対応プラグインにXSSの脆弱性