Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール

カスペルスキーは、ランサムウェア「Jaff」によって暗号化されたファイルを復号するための無償ツールを提供している。

同社では、6月7日から翌8日にかけて、ランサムウェア「Jaff」の亜種が添付されたスパムメールの拡散を確認。なかでも日本における検知件数が突出して多いとして、注意喚起を行っている。

同ランサムウェアは、ファイルの暗号化にあたり、「.jaff」「.wlu」「.sVn」などの拡張子を追加するのが特徴。同社では、ランサムウェアの被害者向けに提供している復号化ツール「Rakhni Decryptor」の機能を強化し、同ランサムウェアによる暗号化へ対応した。

同ツールは、ランサムウェア対策プロジェクトである「NO MORE RANSOM」より無償でダウンロードすることができる。同ツールでは、「Jaff」以外にも、以下のランサムウェアにより暗号化されたファイルの復号化に対応している。

XData
AES_NI
Dharma
Crysis
Chimera
Rakhni
Agent.iih
Aura
Autoit
Pletor
Rotor
Lamer
Lortok
Cryptokluchen
Democry
Bitman(TeslaCrypt) version 3
Bitman(TeslaCrypt) version 4

(Security NEXT - 2017/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える