Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、電気通信事業者向け個人情報保護ガイドラインでパブコメ案

総務省は、「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」とその解説に関する改正案を公開した。7月14日まで意見を募集している。

同ガイドラインは、通信の秘密や個人情報の適正な取り扱いについて、電気通信事業者が遵守すべき義務を定めたもの。意見募集を経て4月18日に公表したが、意見募集で提出された意見や、昨今の特殊詐欺などにおける携帯電話の利用状況を踏まえ、同ガイドラインとその解説の一部を改正して公開した。

改正案について、7月14日までパブリックコメントを実施。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォーム、メール、郵送、ファックスで受け付ける。締め切りは7月14日必着。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
テレワーク環境のセキュリティを診断するサービス - マクニカ
テレワークのリスク評価サービス - セキュアワークス
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の実践状況チェックツール
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料