Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了でゼロデイ状態の「QuickTime for Windows」、インストーラにも脆弱性

すでにサポートが終了しているAppleのマルチメディアソフト「QuickTime for Windows」のインストーラに、あらたな脆弱性が判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ソフトのインストーラにおいて検索パスの処理に問題があり、特定のライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2017-2218」が存在することが判明したという。

「QuickTime for Windows」は、2016年にサポートしないことをAppleが表明。すでに複数の脆弱性が判明しており、未修正の状態となっている。JVNでは、同ソフトのインストーラに関しても利用しないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議などに用いるGrandstream製IP-PBXに深刻な脆弱性
セキュリティソフト「Avast」に複数脆弱性 - 旧版利用者は注意
プロクシサーバ「Apache Traffic Server」に複数脆弱性 - いずれも「クリティカル」
トレンドマイクロ製品のインストーラーに脆弱性 - 最新版の利用を
「Symantec Data Center Security」に権限昇格の脆弱性
「Pulse Connect Secure」に複数脆弱性 - 定例外のアドバイザリを公開
「EasyBlocks IPv6」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 81.0.4044.92」が公開に - セキュリティ関連で32件の修正
Mozilla、「Firefox 75」をリリース - 脆弱性6件を修正