Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国土地理院が提供する複数ソフトのインストーラに脆弱性 - 使用せずに削除を

国土地理院が提供するソフトのインストーラに脆弱性が含まれていることが判明した。

Windows向けに提供されている「座標補正ソフトウェア PatchJGD」「標高補正ソフトウェア PatchJGD」「座標変換ソフトウェア TKY2JGD」「セミ・ダイナミック補正支援ソフトウェア SemiDynaEXE」などのインストーラに、任意のライブラリファイルを読み込む脆弱性が含まれていることが判明したもの。

国土地理院では、同様の機能を別途提供しており、これらソフトの提供を中止。過去に配布したインストーラは使用せず、確実に削除するよう呼びかけている。

同ソフトに限らず、インストーラに脆弱性を作り込んでしまうケースが多発しており、JVNでは広く注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 5月14日にパッチを公開予定
「Chrome 74.0.3729.131」で脆弱性2件を修正
「Cisco Nexus 9000シリーズ」にroot権限奪われるおそれ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる