Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「AES_NI」「BTCWare」被害者向けに復号化ツール

Avast!は、ランサムウェアの被害者向けにあらたな復号化ツールをリリースした。同社サイトより無償でダウンロードすることができる。

20170530_av_001.jpg
復号化ツールを公開している「Avast!」

同社では、端末利用者の意図に反してファイルを暗号化し、復号を交換条件に金銭を要求する「ランサムウェア」の被害者向けに復号化ツールを提供しているが、あらたにツール2件を追加したもの。

復号化ツールのひとつは、「.aes_ni」をはじめ、「.aes256」や「.aes_ni_0day」などへ拡張子を変更する特徴を持ったランサムウェア「AES_NI」の被害者向けに用意したもの。

同ランサムウェアは、2016年12月ごろに確認され、複数の亜種が流通している。セキュリティ研究者が公開したマスタープライベートキーにより復号化ツールを開発した。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
「Emotet」国内被害、10月後半より増加 - 過去やりとり踏まえた「なりすましメール」で拡大
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
高校のサーバがランサム感染、学習成果物など被害 - 川崎市
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析