Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Sambaにリモートより攻撃可能な深刻な脆弱性 - 「同3.5」以降に存在

Sambaにリモートより攻撃を受けるおそれがある深刻な脆弱性が判明した。開発チームは、パッチを公開するとともに、早急にアップデートを実施するよう呼びかけている。

20170525_sa_001.jpg
脆弱性が判明したSamba

書き込み権限を持つリモートのクライアントからライブラリファイルをアップロードされ、実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-7494」が判明したもの。同脆弱性は、同3.5.0以降のバージョンに含まれるという。

開発チームでは、同脆弱性へ対処した「同4.6.4」「同4.5.10」「同4.4.14」をリリース。

旧バージョンに対してもパッチを用意したほか、パラメータを追加する緩和策についてアナウンスしている。

同脆弱性の判明を受け、開発チームでは、できる限り早期にアップデートを行うよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性