Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム

安川情報システムは、教育機関向けの情報セキュリティコンセプト「スマートスクールセキュリティ」を発表した。2018年度から関連製品やサービスの販売を順次開始する。

同コンセプトは、IoTやAI技術を用いて、教育機関内におけるセキュリティ状況を可視化するもの。ネットワークの状況を収集、クラウドへ保存する端末「NetSHAKERスクールエッジ(仮)」を各学校に設置し、AIにより分析と監視を実施。異常の検知時には、管理者へ通知する。

同システムにより、教育委員会や自治体の情報システム担当者、または保守業者による遠隔からのネットワーク監視が可能となるとしている。また、さまざまなセキュリティ機能をクラウド経由で提供していく。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供
「FFR yarai」に教育機関向けライセンス - セキュリティ研究室用ライセンスも
キヤノンITS、暗号化ソフトに法人ライセンス - リモート管理に対応
カスペ、サイバー犯罪やトラブルへの対策まとめた無償冊子
シェア3位目指すESET - 法人製品の新版や暗号化製品の投入も
ガイアックス、従業員や学生のTwitterアカウントを監視する炎上対策サービス
オージス総研、教育機関向けに認証ソリューションを提供
クラウド型ウェブフィルタリング「InterSafe CATS」がiOSとAndroidに対応
LPI-Japan、「Linuxセキュリティ標準教科書」を公開 - PDF版とEPUB版は無償