Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」で被害報告9件、明確な感染経路わからず - RaaS利用は未確認

トレンドマイクロは、注目が集まっているランサムウェア「WannaCrypt」に関して記者向けに説明会を開催し、同社顧客における感染被害の状況などについて説明した。同社では目立った感染キャンペーンを観測しておらず、主要な感染経路がわかっていないという。

20170516_tm_001.jpg
岡本氏

説明会に登壇した同社のセキュリティエバンジェリストである岡本勝之氏によれば、5月12日から土日を挟んだ同月15日16時までに175件の問い合わせが寄せられた。

そのうち被害報告は9件だが、法人や個人の割合については明らかにされていない。また同社では、同月12日から翌13日にかけて、クラウド基盤において24時間に数百件の同マルウェアを検出した。

攻撃が同月12日以降に集中しているが、同社では、メールやウェブサイト経由の目立った感染活動を検知しておらず、同マルウェアの感染経路がわかっていないという。

(Security NEXT - 2017/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性
「WordPress」用ジョブボード追加プラグインに脆弱性 - リモートから画像ファイルがアップロード可能に
バックアップソフト「Acronis True Image」の更新機能に脆弱性
WordPress向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
BINDに脆弱性や不具合が判明 - Windows版のインストーラにも
「BIND 9」に複数の深刻な「脆弱性」 - 異常終了するおそれ
「Adobe Captivate」のクイズ機能に情報漏洩の脆弱性