Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」も関連する「EternalBlue」による脆弱性狙ったアクセス、4月下旬より増加

警察庁は、マイクロソフトが3月に修正した「SMB v1」の脆弱性を悪用するエクスプロイト「EternalBlue」を利用したものと見られるアクセスの状況について取りまとめた。

20170515_np_001.jpg
「Eternalblue」を利用した445番ポートに対するアクセス動向(グラフ:警察庁)

同庁の定点観測システムにおいて、「EternalBlue」を利用したり、バッグドア「Doublepulsar」が設置された端末を探すTCP 445番ポートへのアクセス状況について取りまとめたもの。同庁によれば、4月19日以降、アクセスの増加を観測しており、特に5月上旬に多数のアクセスが行われたという。

「EternalBlue」は、バックドアの「Doublepulsar」とともに攻撃グループ「The Shadow Brokers」が公開したエクスプロイト。同グループでは、米安全保障局(NSA)より窃取したものであると主張している。

マイクロソフトが3月の月例セキュリティ更新「MS17-010」で修正した脆弱性を攻撃対象としており、ネットワーク経由でリモートよりマルウェアへ感染させることが可能。

バックドア「Doublepulsar」はもちろん、感染拡大が懸念されているランサムウェア「WannaCrypt」の感染活動にも利用でき、手法もインターネット上で公開されていることから、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず