Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税額決定通知書で誤記載、マイナンバーなど個人情報 - 美馬市

徳島県美馬市は、税額の決定通知書に誤って別人の個人情報を記載して送付し、マイナンバー含む個人情報が漏洩したことを公表した。

同市によれば、2017年度の市民税、県民税特別徴収税額の決定通知書を1574の事業所に送付した際、一部の通知書においてデータ入力ミスにより、別人の個人情報を記載していたもの。

誤記載があったのは、5事業所5人分の通知書で、対象となる事業所の従業員以外の氏名や住所、マイナンバー、所得、所得控除内訳、税額などが記載されていた。

同市では、誤送付した通知書を回収するとともに、対象となる関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
報酬支払時に提出受けた書類を紛失、マイナンバーを記載 - 千葉県
全従業員のマイナンバーを収集した企業、7割から8割
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
LINE、「マイナポータル」と連携 - 2017年中に電子申請案内サービス
委託先がマイナンバー記載の書類を紛失、誤廃棄か - 大阪市