Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、「AssetView」に新版 - PCの脆弱性対策機能など追加

ハンモックは、IT総合管理ソフト「AssetView」の新版となる「同Ver.9.2」を提供開始した。クライアントPCの脆弱性対策機能などを追加したという。

同製品は、IT資産管理の「AssetView A」やマルウェア対策の「AssetView V」、ウェブフィルタリングの「AssetView F」など、必要な機能だけ選んで導入できるクライアントPC管理ソフト。

今回の新版では、脆弱性対策機能を提供する「AssetView P」をあらたに追加。マイクロソフトやアドビシステムズ、オートデスク、ジャストシステム、オラクルなどアプリケーションの脆弱性に関する情報を収集し、修正プログラムを入手して各パソコンに配布、適用することが可能だという。

また「AssetView K」において、CD/DVDや共有フォルダへ書き込みする際に、ファイルを自動的に暗号化する機能を追加したほか、「AssetView M」におけるログ取得機能を強化するなど、機能を追加している。

(Security NEXT - 2017/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA