Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Intel AMT」などの脆弱性、悪用方法の詳細が公開 - 影響の確認や対策を

今回の問題を受けて、同社はファームウェアが公開されるまでの緩和策について解説したガイドを5月3日に公開。

さらにシステムにおいて脆弱性を発見するためのソフトウェア「Discovery Tool」や、プロビジョニングを解除する「Unprovisioning Tool」を提供し、システムが脆弱な場合、できる限り早く対策を講じるよう呼びかけている。

またOEMと協調して対応を進めており、5月8日の週より順次脆弱性を修正したファームウェアがPCメーカーより展開されると説明。すでに一部では対象製品のリストを公開するとともに、ファームウェアの提供を開始している。

CERT/CCによると、デフォルトで脆弱性の影響を受けるこれら機能が有効化されている端末の出荷規模は不明。対象となる機種を把握するため、OEM各社に確認を取っているという。

(Security NEXT - 2017/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ