Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Intel AMT」などの脆弱性、悪用方法の詳細が公開 - 影響の確認や対策を

今回の問題を受けて、同社はファームウェアが公開されるまでの緩和策について解説したガイドを5月3日に公開。

さらにシステムにおいて脆弱性を発見するためのソフトウェア「Discovery Tool」や、プロビジョニングを解除する「Unprovisioning Tool」を提供し、システムが脆弱な場合、できる限り早く対策を講じるよう呼びかけている。

またOEMと協調して対応を進めており、5月8日の週より順次脆弱性を修正したファームウェアがPCメーカーより展開されると説明。すでに一部では対象製品のリストを公開するとともに、ファームウェアの提供を開始している。

CERT/CCによると、デフォルトで脆弱性の影響を受けるこれら機能が有効化されている端末の出荷規模は不明。対象となる機種を把握するため、OEM各社に確認を取っているという。

(Security NEXT - 2017/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中