Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策宣言制度、ロゴマーク使用の申込受付開始

20170501_ip_002.jpg
「情報セキュリティ5か条」に取り組むことを宣言すると利用できるロゴマーク(画像:IPA)

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業が自らセキュリティへの取り組みを宣言する制度「SECURITY ACTION」のロゴマーク使用に関する申し込みについて、受け付けを開始した。

同制度は、中小企業が自らセキュリティへの取り組みを宣言する制度。

中小企業の自発的なセキュリティ対策の取り組みを促す試みのひとつとして創設した。

同機構が策定した「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に沿ったセキュリティ対策に取り組んだり、セキュリティポリシーを外部公開したことを宣言した企業は、「セキュリティ対策自己宣言」のロゴマークをウェブサイトや名刺に掲載し、セキュリティ対策への取り組みについてアピールできる。

20170501_ip_001.jpg
使用イメージ(図:IPA)

ロゴマークには、取り組み状況に応じて「ひとつ星」と「ふたつ星」の2種類を用意。

ひとつ星は、同ガイドライン付録の「情報セキュリティ5か条」への取り組みを宣言した企業を示すロゴマーク。

さらにふたつ星では、同ガイドライン付録の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」で自社の状況を把握したうえで、セキュリティポリシーを外部公開したことを宣言した企業が使用できる。

使用申込書を同機構のサイトからダウンロードし、所定事項を記入のうえ、メールまたはファックスで提出する。1つ星を使用している企業が、取り組み目標を2つ星へ変更するステップアップも可能。

(Security NEXT - 2017/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
「情報セキュリティ対策支援サイト」を刷新 - IPA
テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差