Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PW管理甘いサーバ狙うランサム、直接ログインして暗号化 - IPAに被害相談

サーバを利用するクライアント端末にランサムウェアの被害もなく、サーバで利用していたアカウントのパスワード管理が甘く、外部の攻撃者が正規利用者になりすましてログインし、ランサムウェアを実行した可能性がある。

いずれの被害も「Windows Server」の利用者で発生したものだが、パスワードの管理不備に起因しており、IPAではプラットフォームに関係なく被害が生じる可能性があると指摘。

サーバのアカウントに堅牢なパスワードを用い、他サービスで利用するパスワードの「使い回し」を行わないよう警鐘を鳴らすとともに、複数利用者によるパスワードの共有を避けたり、サーバへのアクセスを制限するなど、対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も