Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PW管理甘いサーバ狙うランサム、直接ログインして暗号化 - IPAに被害相談

外部からアクセスできるサーバ内のファイルが、ランサムウェアによって暗号化される被害が発生している。パスワードの甘さからログインされ、ランサムウェアに感染させられたと見られている。

20170428_ip_001.jpg
攻撃者が不正アクセスによりランサムウェアを実行(図:IPA)

注意喚起を行った情報処理推進機構(IPA)によれば、問題のランサムウェアによる被害は、2017年1月ごろから寄せられているという。

従来より、ランサムウェアへ感染した端末からアクセス可能なサーバについても、暗号化を試みるランサムウェアが確認されているが、異なる手口と見られている。

被害が生じた環境の特徴を見ると、外部からアクセスできるサーバ上で発生。サーバのアカウントで脆弱なパスワードを使用していたり、不審なユーザーによるログインの痕跡や、ログインへ失敗した大量のログが残存していた。

(Security NEXT - 2017/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に