Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移

「ウイルスを検出した」といった偽の警告でユーザーをだます詐欺行為に関する相談が情報処理推進機構(IPA)へ多数寄せられている。前四半期に引き続き、2017年第1四半期も800件超にのぼったという。

20170425_ip_001.jpg
不正アクセス届け出件数の推移(グラフ:IPA)

同機構が、2017年第1四半期の不正アクセス届出状況や相談状況を取りまとめたもの。

同四半期に同機構へ届出があった不正アクセスは26件で、前四半期を7件上回った。そのうち21件で実際に被害が発生している。

被害の内訳を見ると、「DoS」が4件、「なりすまし」「不正プログラム埋込」「侵入」がいずれも2件だった。

原因は「古いバージョン使用、パッチ未導入」が6件、「設定不備」「その他」がそれぞれ4件、「ID、パスワード管理不備」が3件だった。また原因がわからないケースが4件あった。

(Security NEXT - 2017/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加