Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に

ヤフーは、同社サービス「Yahoo!JAPAN」のログイン認証にSMSを活用し、従来のパスワードを利用しない方式へと移行を進める。第1弾として、iOS版アプリ「Yahoo!パートナー」において導入を開始した。

ログイン認証において、携帯電話番号と同番号へ送信されたSMSの確認コードを利用する方式を導入するもの。同社では、パスワード忘れにより、毎日約1万5000件の再設定が生じているが、同方式の導入により利用者におけるパスワード管理の負担が改善できるとしている。

同社では手はじめに、恋愛、婚活マッチングサービス「Yahoo!パートナー」のiOS版アプリで同方法を採用。6月までに「Yahoo!乗換案内」「Yahoo!天気」へ順次導入する予定。その後は主要iOSアプリのほか、Android版アプリやパソコン版、スマートフォンのウェブブラウザ版についても導入を計画している。

なお、今回のあたらしいログイン方式を利用するには、Yahoo! JAPAN IDを新規作成した場合に限られる。既存IDにおいては、今後導入するとしており、準備を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2017/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PW管理甘いサーバ狙うランサム、直接ログインして暗号化 - IPAに被害相談
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
会員向けメールで異なる会員情報を誤送信 - 名古屋のプロバスケチーム
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 - HTTPS利用で安全演出も
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート
研究者のTwitterアカウントなどが乗っ取り被害 - PW使い回しが原因か
アライドテレシス製ルータに脆弱性 - 「guest」アカウントで管理者操作が可能