Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に

ヤフーは、同社サービス「Yahoo!JAPAN」のログイン認証にSMSを活用し、従来のパスワードを利用しない方式へと移行を進める。第1弾として、iOS版アプリ「Yahoo!パートナー」において導入を開始した。

ログイン認証において、携帯電話番号と同番号へ送信されたSMSの確認コードを利用する方式を導入するもの。同社では、パスワード忘れにより、毎日約1万5000件の再設定が生じているが、同方式の導入により利用者におけるパスワード管理の負担が改善できるとしている。

同社では手はじめに、恋愛、婚活マッチングサービス「Yahoo!パートナー」のiOS版アプリで同方法を採用。6月までに「Yahoo!乗換案内」「Yahoo!天気」へ順次導入する予定。その後は主要iOSアプリのほか、Android版アプリやパソコン版、スマートフォンのウェブブラウザ版についても導入を計画している。

なお、今回のあたらしいログイン方式を利用するには、Yahoo! JAPAN IDを新規作成した場合に限られる。既存IDにおいては、今後導入するとしており、準備を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2017/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
偽Appleによるフィッシング攻撃が大量発生 - 半数以上でHTTPS接続
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
ランサムウェア「AES_NI」「BTCWare」被害者向けに復号化ツール
攻撃グループ「Lazarus」の「WannaCrypt」関与であらたな証拠 - 関連ツールが共通のC2サーバを利用